ANA「農園プロジェクト」

ANA「農園プロジェクト」いよかんの木の成長日記 No.8          ~2026年の収穫・販売を目指して~ 

No.8 2024.1.10

収穫作業に参加しました!🍊



こんにちは! ANAあきんどの小野寺です。

2023年11月16日(木)、ANA「農園プロジェクト」の園地にやってきました。 脇に携えている青いカゴ、一体何かわかりますでしょうか?




正解は肥料でした!複数の園地で木のサイズによって撒く量を調整しながら、まんべんなく撒きました。 だいぶみかんが色づいてきているのがわかりますね!🍊




肥料撒きから1か月ほど経った12/13(水)、収穫作業に参加してきました。

畑も一面すっかりオレンジ色です! これまで丹精込めて育ててきたみかんを、傷つけないように収穫します。

今回収穫作業をおこなったのは、「はれひめ」です。オレンジとみかんをかけ合わせて作られた品種で、さわやかでしっとりとした上品な味わいが特徴的です。




ヘタの上部をハサミで切って一度枝から切り離し、 その後手元でヘタのすぐ上を切って整える「二度切り」で収穫作業を進めます。

ちなみに、この「二度切り」が柑橘の収穫においては主流のスタイルなのですが、 和歌山県では枝から切り離す時点でヘタ元にはさみを入れる「一度切り」が主流なのだとか。 産地によって収穫の仕方にも違いがあるんですね!👀

採ったみかんは一度肩から掛けた収穫袋に入れて、ある程度溜まってきたらキャリーに移します。




この日の収穫量は、2時間程度8人で作業して、このくらいでした! キャリー1つが約15kg分なので、大体480kgほどの収穫量です🍊

これを、1日に何度か繰り返すので、収穫作業にはやはり人手が必要だと感じました。。


ANA「農園プロジェクト」では、グループ各社の協力も得ながら、収穫期の人手不足の解消にも継続して取り組んでいきます。

2024年もどうぞよろしくお願いいたします。 次回の投稿もお楽しみに!🍊


CONTACT

ご質問・ご要望など、お問い合わせは、
下記のフォームからお願いいたします。

お問い合わせフォームへ