地域創生の取り組み一覧

【更新!】「ANAのワーケーション」推進

~長期滞在を促進~

デジタル技術の進展や新型コロナウイルス感染症の流行等を契機に、テレワークやワーケーションによる時間や場所にとらわれない「働き方の新しいスタイル」が普及しています。
こうした社会変化と地方への関心の高まりをとらえ、地方でのワーケーションを推進し、ワーケーション受入環境の向上と首都圏在住者等への的確な訴求を目指します。

詳しくはこちら

国内外から地域への誘客促進に向けたコンテンツ開発

〜地域に眠る観光資源の磨き上げ〜

地域にはまだ知られていない魅力ある観光資源が存在しています。ANAあきんどは自治体様と共に観光資源に着目し、地域に根ざしたコンテンツ造成に関わる取組みをおこなっています。コンテンツを充実させることで、その土地の魅力を更に高め、誘客の促進や滞在時間の長期化、消費額の拡大を目指します。

詳しくはこちら

芸人さんと一緒に地域をPR!

BSよしもと×ANAあきんど×自治体 コラボ番組制作

地方創生をコンセプトに掲げるテレビ局「BSよしもと」様とANAあきんどとのタイアップにより、吉本興業所属の芸人さんに実際に現地を訪れていただき、地域の観光スポットやグルメ、特産品、宿泊施設など幅広い題材をもとに番組を制作・放送。視聴者の方々へ地域の魅力をPRすることで、地域への誘客促進に繋がるよう取り組んでいます。

詳しくはこちら

アイドルと一緒に地域を盛り上げる!

~「推し活」×「地域創生」~

コロナ禍を経て、「トキ消費」「ヒト消費」への消費者ニーズが変化している背景を捉え、ANAあきんどは、関係人口、交流人口創出や地域消費拡大に課題を持つ自治体様と共に、ANAグループのリソースを最大限に活用したアイドルのファンクラブツアーを実施し、誘客促進や地域活性化のお手伝いを行っています。

詳しくはこちら

船団丸×ANAあきんど の取り組み

漁業の六次産業化に取り組む船団丸とのコラボレーション

環境変化により漁獲量が減少する一方、燃油価格は高騰し、魚を獲るコストは年々上がり続けているという漁業の課題を、日本の漁業の未来を守るため「漁業の六次産業化」に挑戦している船団丸様と、ANAあきんどがコラボし、「日本の漁業」を応援していきます。

詳しくはこちら

ANA特産どうしようプロジェクト

~地産品の磨き上げ~

「いいものはある。やる気もある。しかし特産どうしよう。」
地域資源の、魅力化×話題化。なにから始めて、どう進めるか。
当プロジェクトは、そんなお悩みのあるところへ訪ね、事業者さんとお悩みをじっくり話し、企画、開発、全国展開まで、ANAあきんどがごいっしょして、成長地図を描くプロジェクトです。

詳しくはこちら

ANAアートプロジェクト

~アートによる地域活性化~

アートによるワクワクを提供する地域活性化プロジェクトです。
テーマは“コミュニケーション”
そこにいる「人」=「地域」であり、「人」がいて「コミュニケーション」があるからこそ「地域」に意味が生まれ「文化」が育つ。
私たちは、そんなコミュニケーションをテーマに、地域の潜在的な魅力をアートの力で掘り起こし、地域コミュニティの活性化と観光誘客、そして関係人口創出に繋げることを目指しています。

詳しくはこちら

MRO Japan 機体整備工場見学ツアー

~通常では立ち入れない那覇空港の制限エリアの見学ツアー~

~個人参加のみならず、学生団体や一般団体も受付しております~

沖縄県に2019年に「機体整備工場」の拠点を移した「MRO Japan株式会社」と手を組み、「機体整備工場見学」事業をスタートさせることによって、航空機整備への認知拡大を図るとともに新たな人流を創出し、「県内の雇用機会の創出」や若年層を中心とした「県内出身人材の定着化」などの地域が抱える課題解決へつなげます。

詳しくはこちら

TOCHI-DOCHI東京駅八重洲口店

~地域の魅力を旅するお店~

TOCHI-DOCHIは、日本全国の名産品を通じて、地域の魅力と出会えるお店です。
期間ごとに特集エリアが変わり、日本全国の土地土地の選りすぐりの良いものを紹介していきます。

詳しくはこちら

ANA「農園プロジェクト」

愛媛のみかん農園の未来を守るプロジェクト

「柑橘王国えひめ」のみかん農家(一次産業)が現在直面している最大の課題は、従事者の高齢化や後継者不足による農地の減少と耕作放棄地の増加です。担い手不足は病害虫や雑草の発生・鳥獣被害・災害時の危険が高まるなどの様々な問題を引き起こし、農家は大きな影響を受けています。また、安価な輸入オレンジに押され、伊予柑・温州みかんといった昔からある品種は価格低迷に陥っています。

詳しくはこちら

CONTACT

ご質問・ご要望など、お問い合わせは、
下記のフォームからお願いいたします。

お問い合わせフォームへ